岡崎市民サイクリング

SBCA0595.jpg

途中のエイドステーションにて。

 

 

ジャックナイフ自転車部の皆様。元気でペダリングしてますか?

913日。6歳の娘と一緒に、「岡崎市民サイクリング」に出場してきました。親子で40kmのコースを自転車で走り切るイベントです。

 これは岡崎市サイクリング協会が主催するイベントですが、インターネット申込(スポーツエントリー)を利用すれば岡崎市民以外でも参加できます。

 岡崎子ども美術館を起点に、初心者から上級者まで、4つのコースが設定されており、一番ハードなエキスパートコースは、岡崎市から作手村までヒルクライムをやり、三河湖を回って130kmを走破するという過酷なものです。

小学1年の娘の場合、一番距離の短い「ビギナー・ファミリーコース」しかエントリーできませんが、これとて往復40kmあるので、小さい子供にはかなりハードです。

そこで事前に娘を愛知池に連れて行き、30km程度の練習(愛知池を4周)をこなし、本番に臨むことにしました。

 

 早朝、クルマに自転車を2台積んで出発。娘と一緒だと速度が遅いので、ヨメさんのクロスバイク(ビアンキ・オセロ)を拝借しての参加です。

 出発点の岡崎子ども美術館に着くと、すでに大勢のサイクリストが来ていました。受付で2人分のIDカード、食券(折返し地点での弁当引換券)、メッシュのベストを受領。このベストはコースごとに色分けされており、我々ファミリーコースは赤色です。

 

SBCA0578.jpg

 岡崎子ども美術館にて。朝7時前なのに大勢集まっている。

 

 

 7時半から開会式が始まりました。広場はサイクリストと自転車で埋め尽くされています。主催者の挨拶によれば、本日の参加者は、東は千葉から西は大阪まで、954人にも上るそうです。どうりですごい人数なわけです。

 娘と同じく、赤いベストを着たちびっ子達も、おとーさんに連れられて何人か来ていましたが、みんなルイガノだのスペシャライズドだの、変速付きの高価なMTBに乗っていました。金持ちだなー。我が娘は変速なしの20インチの子供用車ですが、負けずに頑張ってほしいですね。

 なお、協賛各社のブースもあり、最新型の自転車も試乗できてなかなか楽しめました。

 SBCA0589.jpg

 開会式の様子。本日は1,000人近く集まったらしい。

 と言うことは自転車も1,000台近くいたと言うことだ。 

 SBCA0583.jpg

 協賛各社のブース。これはジャイアント。試乗車も展示されている。

 SBCA0594.jpg

 ファミリーコース出発の様子。マーシャルによって数人ずつに分けられ、出

 発していく。

 

 

 その後、コースごとに出発。我々はもっとも遅い、840分のスタートです。

 コースそのものは、子ども美術館から県道37号(男川せせらぎ道)を経由してくらがり渓谷までを往復するものです。比較的フラットですが、後半は緩やかな勾配が続きます。

 始めは交通量が多いので歩道走行。あまり良くないことですが、子供がいるので仕方なし。10kmほど走ると、天恩寺という寺の駐車場にエイドステーション(補給所)が設置されていました。ドリンク類をもらうことができます。快晴ですが、風が涼しいのであまり汗をかきません。沿道の田んぼも稲穂が実っているし、すっかり秋ですねー。

 エイドステーションを出ると勾配が始まります。緩やかですが、さすがに6歳の娘には少々きついらしく、次第に口数が少なくなってきました。

 しかし娘は、フラットな道では変速付きバイクの子供たちに追い越されるのに、登りでは黙々とペダルをこいで、その子達に追いついてしまいます。坂道に強いのかも知れません。ひょっとして、クライマーの素質があるのか?

 

SBCA0596.jpg

 天恩寺のエイドステーション。冷たい飲料水の提供が受けられる。

 

SBCA0597.jpg

 始めのうちは、フラットな快走路が続くが・・・

 

SBCA0599.jpg

 そのうち森の中の登坂路になる。緩やかだが子どもにはちょっときつそう。

 

SBCA0601.jpg

 くらがり渓谷手前の最後の勾配。頑張れ!

 

 

 11時には折返し地点のくらがり渓谷に到着。ここで食券と引き換えに、弁当をもらって昼食となります。なお上級者コースはここからさらにつづら折のヒルクライムをこなして作手高原に上がっていきます。頑張って練習して、いつか挑戦してみたいですね。

 帰路は下り基調なのですいすい進みます。しかし路肩が狭いので通行車両に注意が必要。小さい子供がいるとなおさら気を使います。娘を先行させ、後方から車両が来ると大声で注意して事故防止。

 なお、今回のイベントでは主催者側が多数のサポートカーをコース上に巡回させていて、トラブルがあれば呼ぶとすぐ駆けつけてくれます。要所要所にはマーシャルも立っていて、自転車でコースを巡回するスタッフもいます。娘の姿を見ると「頑張ってー♪」と声をかけてくれます。ありがたいことです。

 14時前には子ども美術館に到着。娘は見事に40kmを走り切りました。シングルスピードの子供用車でよく頑張ってくれました。小140kmを走破したのだからたいしたもんだと思います。完走賞の金メダルをもらい、充実した一日だったと思います。これで自転車をもっと好きになってくれて、親子で自転車ツーリングとか行けるようになったら、オヤジとしては最高なんですけどね。

 SBCA0606.jpg

 折返し地点のくらがり渓谷。ここで昼食。 

 SBCA0611.jpg

 帰路は男川に沿って下り基調の道をすいすい。しかし路肩が狭いので気

 を使う。

 

SBCA0619.jpg

 子ども美術館に到着! 親子で40km走破達成!

 

 

40kmを走破したことで、娘のポテンシャルを見せ付けられた気がしました。子供用の変速付きスポーツサイクルを買ってやりたくなりました。今度、我が家の大蔵省に、予算請求してみようかな?


記事カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 岡崎市民サイクリング

コメント(1)

岡崎市民サイクリング :

 地元岡崎でこのようなイベントがあるとは知りませんでした。

 それにしても松ちゃんの娘さんは、小1なのに凄まじいパワーですね、私の末娘は小1の時など自転車なんてとても乗れず心配していましたが、小3でやっと乗れて安心した覚えがありますよ。

 将来がとても楽しみですね。

カレンダー

«2014/04
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最近のコメント

グーグルマップ

顔文字教室

ezカウンター
ビジョン謎解き広島 賃貸アパート経営出会いカフェ港区 不動産パノラマblog携帯アフィリエイト

ユーザー

すーさん
記事 | プロフィール
user image
愛車はPCX150とキャノンデールF7です。…
岡ちゃん
記事 | プロフィール
user image
    CB750鼻血色に乗っています。…
玉ちゃん
記事 | プロフィール
user image
 故あってMVアグスタ~MOTO GUZZIに乗り換えました。…
松ちゃん
記事 | プロフィール
user image
 ダークブルーのXJR1300に乗っています。ツーリングクラブ「…

このブログについて

東日本大震災により被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

2006年12月に結成し愛知県内を中心に活動中です。ツーリングの感想やバイク情報を発信していきます。

愛知 フットサル AJAX F.C

ブログバナー ご自由に!

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

最近のトラックバック