この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

新着記事

社外向けの退職の挨拶のメールの注意点

退職の挨拶メールを送る場合のマナーと注意点をいくつかあげておきます。

退職のご挨拶メールの文面に関しては
上司に一度見せて了承を得ておきます。
退職理由等については 詳細を書く必要はありません。

また、オフィシャルな退職の挨拶メール内で転職先や
今後の連絡先等についての詳細を書くことは控えます。
どうしても、という方に個人的な連絡先を別途伝えるのはかまいませんが
転職先についてはなるべく公にしないほうがいいでしょう。
但し、会社事情による転職、転籍となる場合は別ですので
この点も上司とよく相談して下さい。

社外・社内向け退職の挨拶メールを送付する際の留意点

退職の挨拶メールですが、場合によっては全く同じ内容のものを
複数の人へ送ることもあるかと思います(特に社内向けの場合)。
この場合は退職の挨拶メールは必ず送り先をBCCにて送付します。
TOやCCですと他の送り先が見えてしまい
個人情報の漏洩となってしまいますのでNGです。

社内の場合はついCCで送付してしまう方も多いようですが
社内とはいえ人の退職の挨拶メールのあて先は
結構チェックしている人もいるので
特に指定がなければBCCで送付しましょう。
尚、退職の挨拶メールをBCCにて一括送付する場合
気になるようでしたら
「本メールはBCCにて一括送信させていただいております。」
と1文そえるようにします。

退職の挨拶メールを出すタイミング

退職の挨拶状は以前は印刷をして郵送する方も多かったのですが
最近はビジネスシーンでのメール活用率が高まっていることからも
退職のご挨拶をメールに切り替える人も急増しています。

退職の際の挨拶は出来る限り 直接お会いしてご挨拶するのが基本ですが
社外で電話やメールでのやり取り中心だった方などへは
退職の挨拶はメールですませるほうがスマートだといえます。
社外への退職挨拶メールの場合は 退社日の2週間前頃から出し始めるケースが
多いようですが、実際に出す時期については必ず上司と相談して決めましょう。

また、一応ご挨拶はしたけど最後の最後に同僚や上司などへ改めて
退職の挨拶メールを社内向けに出す人も多いです。
この場合は 退社当日に出すのが基本になります。

退職の挨拶メールの基本は 辞めることによって周囲への迷惑を
最小限に抑えることにあります。
取引先の方には一人でも多く直接お会いして退職のご挨拶が出来るようにし
退職の挨拶メールはあくまでもフォローとして使うことを忘れないようにしましょう。

URLhome

退職の挨拶メールの文例

退職の挨拶メールですが 社外向けの場合の書き方の文例とポイントです。
退職の挨拶メールには基本的に転職先の会社名や転職・退社後の連絡先、
退職理由の詳細については控えるのが基本です。

では退職の挨拶メールの文例です。
まず、時候の挨拶に続いて 退職のご挨拶を続けます。

「私事で恐縮ですが ~月~日付けで退職することになりました。
突然のご連絡となるご無礼をお詫びするとともに
在職中は大変お世話になりましたことを御礼申し上げます。
本来でしたら直接ご挨拶へうかがうべきところですが
略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶とさせていただきます。」

この部分は退職挨拶メールの雛型のように使っていただいて大丈夫です。
退職の日付を忘れずに入れましょう。

この後は後任の紹介に続きます。

「なお、今後貴社は 後任の○○が担当させていただくことになりました。
何卒よろしくお願いいたします。」

必要でしたら 後任者が入社何年目であるか等は書いても良いと思います。
後任がどういった人物かについては先方も気になると思いますので
メール送信後に本人から電話でご挨拶を入れるようにしましょう。

退職の挨拶メールは以下のように締めましょう。

「最後になりましたが 皆様のますますのご活躍を心からお祈りすると共に
今後とも○△社をよろしくお願いいたします。」

自分が去りゆく会社ですが、ここできちんとアピールをしておくことをお忘れなく。
退職後、転職後でもどこかでご縁があるかもしれませんので
社会人としてよい印象を残しておくに越したことはありませんね。
« 1 »