この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

季語を入れた手紙の例文集~あいさつ文の書き方~

季語(10月、11月、12月)

月ごとに季語をまとめてみました。
今回は10月、11月、12月の手紙やあいさつ文などに使用される季語です。
参考になれば幸いです。

<10月の季語・挨拶>(神無月・かんなづき)

秋冷の候
仲秋の候
錦秋の候
寒露の候
黄葉の候
秋雨の候
金風の候
秋晴れの候
秋晴の候
清秋の候
菊薫る候
中秋
爽秋
秋冷
菊花
紅葉
秋たけなわの候
紅葉の季節
秋冷の心地よい季節
さわやかな秋となりましたが
菊の薫るころ
時雨月となりましたが
行楽シーズンとなり
空は深く澄み渡り
秋涼爽快の候
灯火親しむの候
夜長の頃となり
爽やかな秋晴れの続く
冷気は日増しに加わり
秋色日毎に深まり
稔りの秋となり


<11月の季語・挨拶>(霜月・しもつき)

晩秋の候
暮秋の候
向寒の候
深冷の候
菊花の候
紅葉の候
初霜の候
氷雨の候
落葉の候
菊薫る候
晩秋の候
深秋
季秋
霜寒
初霜 
暮秋
初冬
枯れ葉舞う季節
向寒のおりから
追々寒さに向かいますが
めっきり寒くなってまいりましたが
冷雨が降り続く
日毎冷気加わり
朝夕の寒気が身にしみるころとなりましたが
鮮やかな紅葉の候となり 
小春日和の今日此頃 
夜寒の折柄
秋気のいよいよ深く 
舗道に落葉が散る頃


<12月の季語・挨拶>(師走・しわす)

寒冷の候
師走の候
初冬の候
寒気の候
霜気の候
霜寒の候
季冬の候
歳晩の候
明冷
寒冷
忙月
年の瀬
歳末ご多忙の折
心せわしい年の暮れ
年もせまり何かとご繁忙のこと
今年もおしせまってまいりましたが 
歳末何かとご多端の折
寒気きびしき折柄 
あわただしい師走となり 
師走に入って一段と寒く 
めっきり寒くなり 
年もいよいよ押し詰まり 
年末ご多忙のおりから 
歳末ご多用のおりから 
秋.jpg
URLhome

季語(7月、8月、9月)

月ごとに季語をまとめてみました。
今回は7月、8月、9月の手紙やあいさつ文などに使用される季語です。
参考になれば幸いです。


<7月の季語・挨拶>(文月・ふみづき)

猛暑の候
酷暑の候
炎暑の候
炎暑の候
大暑の候
灼熱の候
盛夏の候
炎熱のみぎり
甚暑のみぎり
三伏のみぎり
暑さ厳しき折から
猛暑
真夏
三伏
大暑
炎熱
炎暑 
蝉の声に更に暑さを覚え
急に暑さが加わってまいりましたが
草木も生気を失い
土用の入りとなり
近年にない暑さが続き
一雨ほしいこの頃
暑さ厳しいおりから
気候不順なおりから
炎威凌ぎ難く
涼風肌に心地よく
早天続きで
爽快な夏


<8月の季語・挨拶>(葉月・はづき)

残暑の候
残炎の候
残夏の候
暮夏の候
季夏の候
新涼の候
秋暑厳しき候
晩夏のみぎり
処暑のみぎり
残暑厳しき折から
残暑なお厳しいおり
残炎
立秋
新涼
晩夏
初秋
秋暑
残暑凌ぎ難き候
立秋とは名ばかりの暑さ続き
風の音にも秋の訪れを感じますが
土用あけの暑さはきびしく
秋にはまだ遠く
暑さも峠を越しいよいよ秋
虫の声に秋も近ず
避暑客の姿も少なくなり
虫の声に秋も近ずいたことを感じる昨今


<9月の季語・挨拶>(長月・ながつき)

初秋の候
仲秋の候
錦秋の候
寒露の候
黄葉の候
秋雨の候
金風の候
秋晴れの候
菊薫る候
新秋の候
秋たけなわの候
紅葉の季節
秋冷の心地よい季節
さわやかな好季節をむかえ
明月の秋をむかえて
朝夕日毎に涼しくなり
秋冷
爽秋
秋涼
秋色 
清涼
涼風
野分
残暑去り難く
スポーツの秋を迎え
初雁の姿に秋を感じる頃
新秋快適の候
虫の音もようやく繁くなり
秋色しだいに濃く 
二百十日も無事に過ぎ
himawari2.jpg
URLhome

季語(4月、5月、6月)

月ごとに季語をまとめてみました。
今回は4月、5月、6月の手紙やあいさつ文などに使用される季語です。
参考になれば幸いです。

<4月の季語・挨拶>(卯月・うづき)

陽春の候
春暖の候
軽暖の候
麗春の候
春和の候
春暖快適の候
花爛漫の候
花信相次ぐ候
温暖
春粧
春日
春和
惜春
春眠暁を覚えずの
仲春四月
春たけなわの今日この頃
うららかな季節を迎え
春たけなわ
春も深くなり
春光うららかな
葉桜の季節となり
春陽麗和の好季節
春風駘蕩の候
桜花もすっかり咲きそろいましたが
いつしか春もなかばを過ぎましたが
春宵一刻千金の候
桜花爛漫
春の愁いにとらわれ
春晩のおりから


<5月の季語・挨拶>(皐月・さつき)

新緑の候
薫風の候
初夏の候
立夏の候
暮春の候
老春の候
晩春の候
軽暑の候
惜春のみぎり
若葉の鮮やかな季節
新緑の候 若葉かおるころとなりましたが
青葉めにしみるころ
風薫る五月となりましたが
初夏
惜春
晩春
暮春
藤花
向夏
葉桜のころとなりましたが
五月晴れ
初夏の風も爽やかな頃となり
青田を渡る風
緑したたる
軽暑の候
牡丹の花が咲き誇り
五月の空に鯉のぼりが
新茶の香
新緑の野山にもえる今日この頃


<6月の季語・挨拶>(水無月・みなづき)

梅雨の候
初夏の候
短夜の候
五月雨の候
長雨の候
薄暑の候
向夏の候
麦秋の候
青葉
薄暑
入梅
立夏
深緑
麦秋
向暑のみぎり
若鮎おどる季節
木々の緑もようやく深くなり
梅雨の候
爽やかな初夏を迎え
うっとうしい季節になりましたが
長かった梅雨もようやくあがり
向暑のおりから
暑さ日増しに厳しく
長雨の候
初夏の風に肌も汗ばむ頃
時候不順の折
日の光も青く
田植えも始まり
若鮎の踊る
春.jpg
URLhome

季語(1月、2月、3月)

季語とは、元々その言葉が入るだけで、誰もがその季節を思い浮かべられる言葉の事を言います。
手紙やあいさつ文などに季語を入れる事によって、情緒のある文章を書くことが出来ますね。
四季のある美しい国日本ならではの文章表現法で、季語を使った手紙やあいさつ文を書いてみましょう。

月ごとに季語をまとめてみました。
今回は1月、2月、3月の手紙やあいさつ文などに使用される季語です。
参考になれば幸いです。

<1月の季語・挨拶>(睦月・むつき)
新春の候
初春の候
頌春の候
厳寒の候
厳冬の候
中冬の候
寒冷の候
麗春の候
降雪の候
酷寒の候
大寒の節
大寒のみぎり
酷寒のみぎり
寒さ厳しき季節
寒さ厳しいおりから
厳寒のおりから
新春とは申しながらまだ堪えがたい寒さが続きますが
寒に入ってからひとしお寒さが厳しくなりました
星も凍るような寒い夜
例年にない寒さ
いよいよ寒気がつのり
雪の晴れ間


<2月の季語・挨拶>(如月・きさらぎ)

余寒の候
春寒の候
晩冬の候
向春の候
解氷の候
梅花の候
余寒なお厳しき折
余寒厳しいおりから
梅月
立春
春寒
向春
節分
雪解けの水もぬるみ
大寒にまさる寒さの折り
寒明け
残寒
晩冬
春浅
梅鴬の候
立春とは名のみの寒さ
寒気は冴えかえり
暦の上に春は立ちながら
三寒四温と申しますが
いくらか寒さもゆるみ
何となく春めいて
梅のつぼみもふくらみ


<3月の季語・挨拶>(弥生・やよい)

早春の候
春寒の候
孟春の候
春暖の候
軽暖の候
春雨降りやまぬ候
浅春のみぎり
春寒しだいに緩むころ
冬の名残のまだ去りやらぬ時候
春光天地に満ちて快い時候
春分の季節
春色のなごやかな季節
春まだ寒いこのごろ
春寒料峭のみぎり
盛春
春寒
桜月
浅春
春色
春分
麗日
春暖
春寒しだいにゆるみ
春暖快適の候
弥生
日増しに暖かくなってまいりましたが
仰梅の候
桃の蕾もふくらみ
急に春めいて
春の彼岸の頃
風はまだ寒く
日毎にのどかになり
ようやく春めいてまいりましたが
菜の花は今が盛り
一雨ごとの温かさ  冬1.jpg

初夏(梅雨明け)の季語とあいさつ文

梅雨が明けるといよいよ、夏本番ですね。
初夏というよりは、夏の始まりの季語を集めてみました。

プライベートなあいさつ文などにお役にたてれば幸いです。
(今回は、少し長めの季語を含めたあいさつ文になっています)


-----------------
梅雨明けの時期
-----------------
●梅雨が明け、ようやく青空が戻ってまいりました
●梅雨も上がり、一段と暑さが加わるころとなりました
●梅雨も明け、本格的な夏を迎えました
●梅雨明けとともに、厳しい暑さがやってきました
●梅雨も明け、本格的な夏を迎えましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか
●長かった梅雨もようやく明け、猛暑の季節となりますが
●梅雨明けの暑さはまたひとしおに感じられますが
●夏空がまぶしく感じられるころとなりました

-----------------
本格的な夏到来
-----------------
●海開き、山開きの便りが聞こえる頃となりましたが
●夜空に大輪の光の花が咲き乱れる季節となりましたが
●今年もまた大輪の花火が夜空を彩るシーンになりましたが
●海山の恋しい季節となりました
●いっせいに鳴きはじめたセミの声が本格的な夏を告げています
●青空にむくむく湧く入道雲。いよいよ夏到来ですね
●7月に入り、子どもたちも夏休みを心待ちにしているようですが
●街はすっかり夏の装いに変わり、活気に満ちてきましたが
●暑さ本番、いよいよ大好きな生ビールの季節がやってまいりました
●花火の音が聞こえる季節となりました
●竹笹の色とりどりの七夕飾りに、夏の訪れを感じる季節になりましたが
●夏の訪れを謳歌するような蝉時雨の季節になりましたが

-----------------
おまけ
-----------------
~の候、~のみぎりという季語を使うとより形式的で事務的な印象になります。
ビジネス文などには一般的に良く使われますよね。
しかし、プライベートなどで手紙を書く場合は、無理に~の候などの季語を入れるよりは、上記に挙げたような口語調の季語を使うと親しみがあって良いでしょう。

1020721_beach_and_sand.jpg

 


« 1 »