この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

新着記事

団地

| | home

団地は、生活または産業などに必要とされる各種インフラおよび物流の効率化を図るために、住宅または目的・用途が近似する産業などを集中させた一団の区画もしくは地域、またはそこに立地している建物および建造物を指す。日本国内における法律上の意味としては、都市計画上工業地域・住宅地などを新たに計画して建設されたものを指すそうです。
団地の語源は、「一団の土地」または「一団の地域」。

このような定義があることからも、住宅に限った言い方ではないようです。
ですが、一般的には住宅の集合体を指す場合に用いられるケースが多い。

団地の形態としては

コハウジング
一戸建住宅群による構成の団地形態のひとつ。共住方式ともいう。各住宅の敷地境界に設える塀としての垣根を取り払う、若しくは生垣の植栽を低いものにする、等々の物理的な開放性を高くし、隣接する互いの敷地を視覚的に一体化した形式。

パーク
エネルギー団地をエネルギーパーク(energy park)、工業団地・産業団地、流通団地等をテクノロジーパーク (technology park)、テクノパーク、ハイテクパーク、サイエンスパーク(science park)などというように、特定の目的をもった地域や場所を表す名称の団地形式。

集合住宅・住宅団地などにつける呼び名としては

高台にある集団住宅や集団住宅地を意味した「ハイツ」や「ヒルズ」、主に木造や軽量鉄骨造の建物の集合住宅をさした「コーポ」などがみられる。

日本住宅公団が1955年に設立され、鉄筋コンクリート造の集合住宅を供給したその当時、ダイニングキッチンに椅子・テーブルなどの、洋風化へのあこがれとともに羨望を含めた呼び名として「団地族」の呼び名もあった。

公団住宅

| | home

公団住宅とは、日本住宅公団(のちに住宅・都市整備公団、都市基盤整備公団。現都市再生機構)が供給した住宅のことである。

公団が建設した住宅には、
・賃貸型集合住宅(団地)と
・分譲型一戸建て住宅・集合住宅(団地)がある。

主に賃貸型・分譲型の集合住宅が公団住宅や公団団地と称されてきた傾向にある。現在では主に賃貸の集合住宅を「UR賃貸住宅」・「都市機構賃貸住宅」などと呼ばれている。
また、前身の組織が分譲した住宅で都市再生機構にローン返済中の物件について「都市機構分譲住宅」などという場合があるが、現在の都市再生機構は住宅の分譲を行なっていない。

昭和30から40年代には都市部で働く地方出身の中流サラリーマンに良質な住宅を大量に供給するために主として都市近郊に公団が土地開発し住宅建築が行われた。
全部で数百世帯から千世帯を越える当時としては大規模開発で、建物の特徴として階段室型の中層5階建ての鉄筋コンクリート造の集合住宅が取り囲むような構造となっているものが多い。
規模の大きい団地では中心部に商店、銀行、郵便局など生活に必要な施設を置き団地内で生活の要が足せるようになっているものもある。

一住宅の広さは夫婦と子供2人程度を想定した40平米から60平米程度の3DKタイプが多く、当初は賃貸タイプのみで中流のサラリーマンの月収入の40パーセント前後の家賃が設定されており、民間アパートと比べて決して安いとは言えないもののモダンな生活を夢見る夫婦の申し込みが殺到し抽選にあたるのはなかなか困難だった。
昭和40年代に入ると政府の持ち家政策の一環として賃貸とほぼ同じ仕様で、台所を広くした3LDKタイプの部屋を分譲して販売するようになった。
賃貸タイプについては「UR賃貸住宅」として現在も引き継がれている。

「公団」という名称は現在でも公共的な場所や団体の名称などに用いられている。

ひばりヶ丘駅

| | home

東京都西東京市住吉町三丁目にある西武鉄道池袋線の駅である。

島式ホーム2面4線を有する地上駅。内側2線が本線、外側が待避線であり、1・2番ホームが下り、3・4番ホームが上りとなっている。
 
駅舎は周辺で最もバリアフリー化が遅れていたが、2005年(平成17年)に改良工事が完成し、ホーム上屋の一部にドーム状屋根が採用された。しかし、北口については以前と変わらない。
 
ホームと改札階、改札階と南口側地上との間をそれぞれ連絡するエレベーターとエスカレーターがある。トイレは2階改札内にあり、多機能トイレも併設している。一方で、北口側は入口の両端に店舗があり、バリアフリー施設を設置するスペースがない。

 

■■ 歴史 ■■
1924年 6月11日 - 武蔵野鉄道の田無町駅(たなしまちえき)として開業。
1959年 5月1日 - ひばりが丘団地の造成に併せ、ひばりヶ丘駅に改称。
2003年 4月 - 2005年 5月 - 利用者の増加に対応するために駅舎改良工事が行われ、ホームの拡幅・嵩上げ・上屋建て替え工事などを実施。同時に北口階段を除き、バリアフリー化を伴う全面建て替えも行われた。
2005年 3月 - 新しい南口階段の供用が始まり、同年5月の南口1階セブン-イレブンの開店をもって完了した。

西武池袋線

| | home

ひばりヶ丘駅がある、西武池袋線は、東京都豊島区の池袋駅と埼玉県飯能市の吾野駅を結ぶ西武鉄道の鉄道路線である。

新宿線と共に西武鉄道の主要幹線であると同時に東京圏の主要通勤路線である。吾野駅で西武秩父線と接続し、特急・快速急行と飯能駅 - 西武秩父駅方面間の普通列車が直通運転している。歴史的経緯から西武鉄道の鉄道路線は池袋線系統、新宿線系統とその他の路線に大別でき、狭山線・豊島線・西武有楽町線の支線と西武秩父線を併せて「池袋線」と呼ぶことがある。
 
西武有楽町線を経由して東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線・副都心線との相互直通運転や、西武秩父線経由で秩父鉄道秩父本線への直通運転も行っている。
 
= 駅一覧 =
池袋駅
 
椎名町駅
 
東長崎駅
 
江古田駅
 
桜台駅
 
小竹向原駅
 
新桜台駅

練馬駅

豊島園駅
 
中村橋駅
 
富士見台駅
 
練馬高野台駅
 
石神井公園駅
 
大泉学園駅
 
保谷駅
 
ひばりヶ丘駅
 
東久留米駅
 
清瀬駅
 
秋津駅
 
所沢駅
 
西所沢駅
 
下山口駅
 
西武球場前駅
 
小手指駅
 
狭山ヶ丘駅

武蔵藤沢駅
 
稲荷山公園駅
 
入間市駅
 
仏子駅
 
元加治駅
 
飯能駅
 
東飯能駅
 
北飯能信号場
 
武蔵丘信号場
 
高麗駅
 
武蔵横手駅
 
東吾野駅
 
吾野駅
 
西吾野駅
 
正丸駅
 
正丸トンネル信号場
 
芦ヶ久保駅
 
横瀬駅
 
西武秩父駅

ラーメン二郎

| | home

ひばりが丘にもある、ラーメン店「ラーメン二郎」は、1968年(昭和43年)創業、二度の移転を経て現在は三田において「ラーメン二郎 三田本店」という看板を掲げて営業をしている。
「ジロリアン」と表現される、熱狂的ファンがいるくらいの人気ラーメン店である。

この「ジロリアン」の条件としては…
・熱狂的ファン
・「ラーメンが好き」というのではなく「二郎が好き」で、通常のラーメンでは満足できずにラーメン二郎を食べ歩く人
・ソウルフードにしている人
・傾倒し、こよなく愛する人々
・魅了された人
・勝手にルールを作るカルト的なファン
などと定義されているらしい。

店員が注文客に向けて「ニンニク入れますか?」と声をかけた際に、客は「ニンニク」の有無に加え、「ヤサイ」「アブラ」「カラメ」などトッピングの希望について返答をすることになっている。

三田本店以外にも「ラーメン二郎」がいくつかあるが、基本的にのれん分けによるもので、三田本店で修行した人や、直系店で修行した人が「ラーメン二郎」の名称を使用して出店している。
ラーメン二郎風のラーメンを提供する事を売りとした「ラーメン二郎インスパイア系」と表現される店も複数存在している。

« 1>2>3
ページトップ

このブログについて

ユーザー

カレンダー

«2016/05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック

マイカテゴリ

タグ

アーカイブ

ブックマークサイト

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

べんりなブログ

無料で作成 べんりなブログ:MARUTA