この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

採用担当に好まれる職務経歴書

こにいる人たち全員を裏切るに等しい行為をする。

 ロッツガルドでの商売も、続けるのは難しいと思っていた方が良い。

 まだ会ってないけど大物何人かに目を付けられてしまったようだから。

 レンブラントさんに頼めば、なんて事は流石にやる気になれなかった。

 彼にはただでさえお世話になりっぱなしだ。<a href="http://www.watchsvink.com/giveなスポーツ-kg173-9.html" title="アンティーク 時計">アンティーク 時計</a>

 ツィーゲでもクズノハ商会が上手くいっていたのは、それとない彼のフォローがあったんだろう。

 街の気風が自由だから、実力主義だから良いものを提供すれば成功出来ると言うものでもないんだ。

 あの街でレンブラントさんに睨まれたい奴なんて多分いないだろうし、そういう遠慮も僕の助けになっていたんだ。

 あっちの商売も上手くいっているから、僕も商売に慣れてきたなんて勘違いもいい所だった。

 ロッツガルドの商人ギルド代表は僕を一人前の商人としてすら扱ってくれなかった。

 途中からなんて完全に馬鹿にされてたもんな。

 レンブラントさんへの貸しにしたいから街を出ていけば今回は見逃してやるとまで言われた。

 あれは、本当に腹が立った。

 今思い出して湧き上がる怒りは、彼へのものと自分の不甲斐なさへのものが入り混じっている。

 あの代表は、金こそ至上、その価値観で世を生きる感じの人だった。

 彼がやり難いと表現していた所を見ると、レンブラントさんも身内が病気になる前はあんな感じだったのかもしれない。

 だって、あの代表と対等以上に渡り合うなら甘い事なんて言っていられないと思うから。

 悔しい事に僕が商人として不出来なのは事実。

 言われた事だって、わかる。

 甘かったのも、確かだ。

 結局、僕は逃げて魔族と関係を持とうとしている。

 最悪の場合、ここだけじゃなくツィーゲの店舗も、そしてあの街で築いた関係も全部……。

 いくらレンブラントさんがあんな事を言ってくれたからといって、ヒューマンと敵対して女神とも揉めている、そんな僕が彼の負担にならない訳が無い。

 父さんと母さんがいた国に引きこもる、か。

 異世界にまで来て僕は何やってるんだか。

 満員の観客が熱気を放つ闘技場で、確保した席に座っていた僕は、誰もいない舞台を見る。

 闘技大会団体戦も、残す所は決勝のみ。

 もう会う事も無くなるかもしれない生徒達の試合、きちんと見届けないとな。

 準決勝も無難に勝ち進んでいた。

 レベル制限なんてあからさまな嫌がらせも、彼らにはあまり効果がなかったみたいだ。

 ミスティオリザードとの模擬戦で連携して戦う事に慣れている所為もあるんだろう。

 ただ、少し気になる事がある。

 あのホープレイズ家の次男だ。

 彼の準決勝の試合での様子、普通じゃなかった。<a href="http://www.watchsvinn.com" title="セイコー gs">セイコー gs</a>

 

「あれは、良くない感じがするな。巴、わかるか?」

 

「あの貴族ですか。ふむ……何らかの魔術か薬物で能力を高めていて、その副作用では?」

 

「澪は、どう思う?」

 

「|不味(まず)そうな感じがしました。ヒューマンに混ぜ物でもしたような、気持ちの悪い色合いに見えますわ」

 

「亜人みたいって事?」

 

 ヒューマンに混ぜ物って。

 どんな意味なのかわからないぞ、澪。

 

「いえ、何て言えばよろしいのか……。ええと、ヒューマンと亜人は種類は違うのですが同じパンと言う括りが出来る感じで、さっきの気持ち悪いのは中に何か埋め込んだような……ドライフルーツ入りのパウンドケーキみたいな……」

 

 わかるような、わからないような。

 

「そう、か……」

 

 僕としては巴の意見に近い印象だ。

 正気を失ったようなどこか虚ろな雰囲気。

 異様な膂力で相手を叩き潰す、だがヒ

<a href="http://www.watchsvink.com/seiko精神-kg173-10.html" title="http://www.watchsvink.com">http://www.watchsvink.com</a>


テーマ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 採用担当に好まれる職務経歴書

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://maruta.be/gou44ride/2/tb/7MG92740KHJ6U/7684

コメント(0)

このブログについて

ユーザー

カレンダー

«2014/07
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック

マイカテゴリ

タグ

アーカイブ

ブックマークサイト

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

べんりなブログ

無料で作成 べんりなブログ:MARUTA