この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

大阪のクイズです!【31/33】 お答え下さい!

い筈だ。となるとあの虫のことだ、文句の一つでも言ってくると想像が出来るからな。その上で干渉が無いなら安全、と判断できるのでは……。

 

やれやれ、学園都市に入ってもいないのにこれだ。

 

どちらにせよ、やるべきことは色んな意味での自分磨きなわけで。ロッツガルドで対女神強化といきますか。ヒューマンを知り、魔法を知る前にまたしてもあの女神に引っ掻き回されるとはね。

 

まったく。<a href="http://www.bagsradar.com/ブリーフケース-書類かばん-64x-8.html" title="tumi 激安">tumi 激安</a>

 

時期が来れば、そっちが探してくれなくても僕から行ってやるから待っていろって。したいこと、目指すもの、それさえ定まったなら別に目立たずにいる必要も無いんだよ?

 

目立とうが目立つまいが商売は出来るし両親の事を探るのも出来るんだから。

 

「あ、あの!」

 

既に学園に向かおうとしていた僕に新たに声がかけられる。体育座りから一転、直立不動の姿勢で愛刀を両手で抱きしめるように抱えている少女がいた。

 

「あ、コモエちゃん。起こしちゃったか。ごめんね」

 

「わかさま、ごむりしないでください!いってらっしゃい、ませ!」

 

子供なんだから敬語なんて無理に使わなくて良いのに。まあ、小さい子が一生懸命話しているのは微笑ましいもんだ。

 

「はい、行ってくるね。コモエちゃんも巴に苛められたら僕に言ってね」

 

ひらひらと手を振って僕は霧の門を作る。

 

「こもえ、がんばります!!」

 

身の丈よりも長い剣をしっかりと持つコモエ。初代とはあまり会話とかもしてなかった。分体って存在は本人と意識も共有しているのだと思っていたから。でも少なくともコモエは巴とは分離した人格だ。初代は本体である巴と会話も特に無いまま判断しているみたいだったから余計に勘違いしたのか、それともコモエが例外なのか。でもはっきりさせる気は無い。僕は別人だと思って接する。それで良い。

 

その分も含めて、僕は彼女に優しくなっているかもしれない。消滅した初代への罪滅ぼしになるでも無いのはわかっていても。

 

ああでも。

 

巴も、この位に可愛げがあればいいのにねぇ。

 

識の位置を把握する。

 

「……若、儂は侍が好きですが……衆道は止めておいて欲しいですな」

 

「するかっ!」

 

少しだけ真顔だった巴の一言に僕は断固否定を返す。<a href="http://www.bagsracket.com" title="tumi 楽天">tumi 楽天</a>

 

最後の言葉に寝起きながらも疲労を覚えたけど、僕は学園都市へと移動した。

************************************************

ご意見ご感想お待ちしています。亜空、平常運転

 

「さて、若は行かれたぞ。澪、いつまでそうしておる?」

 

真が霧に包まれて消えた後、主人不在の部屋に巴の声が響く。

 

だが言葉を向けられた黒髪の女、澪は親指の爪を噛みながらぶつぶつと小声で呟くばかり。巴も返ってこない返事を諦めたか、入り口に立つ己の分体であるコモエに向き直る。

 

「コモエ、もうこの部屋の番は良い。儂も後で行くから森鬼どもと遊んでこい」

 

「あ、はい! わかりました、ともえさま」

 

「教えたことは覚えているな?」

 

「もちろんです! きったらなおす、です」

 

「よろしい。では頼んだぞ。……どうした?」

 

「ともえさま、ききたいことがあります」

 

「言うてみよ」

 

「しゅどうってなんのことですか」

 

「……いずれ教えてやろう。今はまだ早い。ほら、森鬼どもを遊ばせておくでない」

 

「は、はい、わかりました! いってきます!」

 

大きく頷いて外へ出て行くコモエを、巴が見送る。開かれたドアで状況の変化に気付いたのか、ドワーフとオーク、それにリザード、アルケーに話に出た森鬼までが室内の様子を覗きに来た。真の安否を気にする住人の様子を苦笑しながらも巴は嬉しく思う。

<a href="http://www.bagsradar.com/メンズ財布-64x-9.html" title="http://www.bagsradar.com">http://www.bagsradar.com</a>


テーマ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大阪のクイズです!【31/33】 お答え下さい!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://maruta.be/fwfju78WE/16/tb/AA20VFM8SAJQ6/5119

コメント(0)

このブログについて

ユーザー

カレンダー

«2014/11
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近のコメント

最近のトラックバック

マイカテゴリ

タグ

アーカイブ

ブックマークサイト

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

べんりなブログ

無料で作成 べんりなブログ:MARUTA