この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

男子がキュンとくる女子のツンデレセリフ

いましたけどお気に入りの増え方に動揺しまくったまま投稿しちゃいました。

次はextra3であります。あーびっくりした。

当然のようにまだ書けておりません。

extra4はどうしよう。700か1000が妥当だと思うのですが……。

 

ご意見ご感想お待ちしております。お気に入り件数が1000件を、超えている。

……昨日から何か凄い事になってます!

extraをどうしようか、初の悩みが出来ましたが空が飛べそうな気分です。

登録してくださった皆様、ありがとうございます!

********************************************

マコトノセカイ

 

「んー、いいね」

 

さて、それでは。<a href="http://www.bagsrack.com/レディースバッグ-4c4e9-4.html" title="tumi 財布 人気">tumi 財布 人気</a>

 

柔軟を行った後、森の空気を深く吸い込む。

 

用意した弓を片手に、お手製の的を見据える。距離は、大体150mくらいかね。わざと木々を挟んで見え難い位置に的を置いているから短めにした。

 

わざわざ障害物を用意してしまうのは野外で弓を射る時の習慣だ。先生譲りだ。思えば色んな状況やら条件やら考えさせられたなぁ。懐かしい。

 

着座しまして、と。

 

ああ、良いね。この瞬間。

 

心を無にしていく。中てる。ただそれだけを思って集中し、次に意識を拡散させていく。

 

自分という存在を的までの直線にある全てと同じくした存在と化し。

 

自分も弓も的も障害となる木々の枝葉さえも。一つの意識の中に収めて自我を再度形成収束させる。

 

ほら、もうこれで。的までの矢の軌跡さえも明確に描ける。なんて言ったところで友人は全員TVへの出演しか勧めてこなかったがね!

 

静かに立ち上がり、弓を構え、矢を番える。これは僕にとって完成された所作だ。何万回と繰り返してきたことか。

 

健康になるため、強くなるため、上手くなりたいがため。目的こそ次第に変じてきたけれど。

 

僕はそれこそ、人生の何割かを弓に使ってきたといっても過言じゃない。姉さんも妹も格闘技を習っている。その割合は明らかに僕よりも少ない。ダントツに体がひ弱だったってこともあるがそれだけじゃない。

 

結果として虚弱体質の改善もできたし、打ち込むだけの魅力があったからだ。家族に懸念されたけど、まったく苦痛じゃなかった。

 

初めて亜空で弓を射た時は加減してなかったから的ごと消し飛んだ事を思い出す。

 

今回はその辺もきちんと想定済み。

 

収束し終えた意識の中で結末もシミュレート完了だ。脳裏にある、的に突き刺さった矢は間違いなく実現する。

 

「ふぅぅ……」

 

込めた気合が口から息吹になって出る。

 

矢は吸い込まれるように的の中央に刺さる。

 

何度も、何度も。

 

久しくなかった機会だからか調子に乗って何十と矢を射ち込んでしまった。

 

その割に体にさした疲労を感じないのは、超人仕様の為か大好きな弓道だからなのか。

 

「的も割れず、と。うん上出来だ」

 

頬を伝う汗が心地よい。<a href="http://www.bagsradar.com" title="tumi ブランド">tumi ブランド</a>

 

どういう仕組みか夜空に瞬く星を見る。ここは亜空という呼び名から想像できる異次元なのか、更なる累世界なのか。まったく理解の出来ない場所だ。

 

空と星があるなら宇宙も存在するんだろうか。だとすればここは飛ばされた異世界の宇宙か元の世界の宇宙か、どちらでもない第三の宇宙なのか。

 

「若」

 

びく。

 

また、やっちまいましたか?

 

なんで僕はこう弓を構えると無防備になるのでしょうか!?

 

僕と的を繋ぐ線じゃなく、その線を半径か直径に変えた円形で”集中”出来ればいいのか?

 

でもそれ、どうやって……。界と組み合わせて試行してみようかな。愚直なトライ&エラーは嫌いじゃない。

 

と。いけない。

 

それで誰だよ今度は。

 

「巴。それに澪もか」

 

心なしか二人の体に緊

<a href="http://www.bagsrack.com/その他-4c4e9-5.html" title="http://www.bagsrack.com">http://www.bagsrack.com</a>


テーマ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 男子がキュンとくる女子のツンデレセリフ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://maruta.be/fwfju78WE/15/tb/L93I5S2CRP5B6/3632

コメント(0)

このブログについて

ユーザー

カレンダー

«2014/12
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック

マイカテゴリ

タグ

アーカイブ

ブックマークサイト

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

べんりなブログ

無料で作成 べんりなブログ:MARUTA