この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

[AE] 3Dチャンネルエフェクトでフォグ・デプスマット・被写界深度

mayaからIFFまたはRLA形式でZ深度情報を内包させてレンダリングした場合に
AfterEffectsの3Dチャンネルエフェクトでフォグや被写界深度等をつける方法を解説します。

今回使用したデータは下図のような感じです。左がカラーチャンネル、右がZバッファ。
 comp_3d_01.jpg comp_3d_02.jpg

●Z深度情報があるかどうかの確認方法
 ▼読み込んだファイルをプロジェクトパネルで選択します。
  サムネイル横にZ深度と表示されればZ深度情報があるということです。
 comp_3d_00.jpg
 ただし、Z深度情報が存在していても正常ではない場合があります。
 そういう時はひとまず3Dチャンネルエフェクトの3Dチャンネル抽出を適用して
 ブラックポイント0、ホワイトポイント1を入力してグラデーションが現れるか見ます。
 comp_3d_05.jpg
 ▼結果グラデーションが現れました。正常ですね。
  (ちなみにこのままマット(マスク)用の素材として利用したりできます)
 comp_3d_06.jpg
 ▼直接、深度の値を調べる方法もあります。
  何でも良いので3Dチャンネルエフェクトを画像に適用、エフェクトを選択状態にして画像内をクリックします。
 comp_3d_12.jpg
 ▼すると情報パネルの深度の項目に数字が表示されます。
  (たまたま見つけたけどこんなん分からんでぇ・・)
  画像のどこをクリックしても0だったりする場合は恐らく深度情報にエラーがあります。
  その場合はmayaで正常なデータを出力し直す必要があります。
 comp_3d_13.jpg

●フォグ
 3Dチャンネル>フォグ3Dエフェクトを適用してみます。
 下図のような設定にしてみました。
 comp_3d_03.jpg
 ▼こんな感じの結果に。
 comp_3d_04.jpg
 

●デプスマット
 3Dチャンネル>デプスマットエフェクトを適用してみます。
 下図のような設定にしてみました。
 comp_3d_07.jpg

 ▼こんな感じの結果に。つまるところ一定距離を境に表示させなくできます。
 comp_3d_08.jpg

 

●被写界深度

 さて、本命である被写界深度は3Dチャンネル>被写界深度です。

 下図のように設定してみました。
 フォーカルプレーンはつまるところピントが合う深度です。0~1の範囲で設定。
 フォーカルプレーンの厚さを大きくするとピントが合う範囲が広がります。
 comp_3d_09.jpg

 ▼このような結果に。画像の周囲がぼけて背景が透けてしまっています。

 comp_3d_10.jpg

 ▼スタイライズ>モーションタイル(こちらの記事で解説)で補いました。
 comp_3d_11.jpg

 ▼手前をぼけさせてみました。うーん非常にビミョウな感じ。
  設定方法に問題があるのか、標準機能だとこういうものなのか・・
 comp_3d_14.jpg

 しかし本番ではmayaからZ深度を素直に出力できなかったのと、3Dチャンネルエフェクトでは
 調整が効きにくいというのがあり、結局3Dチャンネルエフェクトを利用することはありませんでした。。
 そもそも別のカラー素材に対してIFFやRLAのZ深度のみを利用して被写界深度をつける方法が分かりません。

 映像業界でIFFやRLA、3Dチャンネルエフェクトによる被写界深度は利用されているのでしょうか?


テーマ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [AE] 3Dチャンネルエフェクトでフォグ・デプスマット・被写界深度

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://maruta.be/effect/181/tb/K2JQSQDL7GD72/4261

コメント(0)

ユーザー

moko
記事 | プロフィール
user image
日々をさすらうエフェクトデザイナー(Video Game VFX Artist)…

カレンダー

«2014/07
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

ブックマークサイト

after effects まとめwiki

 AE ショートカット一覧

 

After Effects Style
 TIPSなど丁寧に解説


After Effects講座(YouTube)

 日本語による解説動画

 

VIDEO COPILOT
 英語によるチュートリアル動画

 

120分のじゆうちょう

 VIDEOCOPILOTを記事にされています

 

留学日記β2

  VIDEOCOPILOTを和訳されています

 

バカ・アフター

 aepデータ付き作例など

 

ae tuts+

 海外のチュートリアルサイト

 

CreativeCOW.new

 海外のチュートリアルサイト

 

フィード

rss1.0
rss2.0
atom