この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

面接中に女子大生に抱きつく

まり、僕にとっても一応実家、的な場所。もちろん、それは四季と関係無いと思うから今は流してくれて良い」

 

 思い入れは全く無いしね。

 あわよくば両親の情報が少しでも手に入ると嬉しいけど、滅亡した国の事だ。

 ケリュネオンの情報は魔族の方が知っているかもしれない。

 彼らが侵攻の際に全てを灰にしていなければ。

 

「しかし若様、ケリュネオンと言えば確か司書のエヴァとゴテツのルリアが……」

 

 識が思い出したようにアーンスランド姉妹の名を挙げる。<a href="http://www.shoessrestraint.com/106410000-2uztx-5.html" title="nike ウエア">nike ウエア</a>

 

「そう彼女達の生まれ故郷でもある。だから僕は彼女達のそれぞれに決断を求めた。もしも二人ともが頷くのなら、僕は――」

 

 考えていた内容を三人に話す。

 それは僕の苦肉の策。

 策とも言えない馬鹿げた思いつきでもある。

 けれど。

 

「ふっ、ふふふ。面白いではないですか、若」

 

「ですね。上手く成ったなら、使い様によって今抱える問題も解決するカードになり得ると思います」

 

「若様のお決めになった事なら文句などありませんわ。それに、ある力を使わずに悩むなんて馬鹿げてますもの」

 

 僕の家族たちはそれを受け入れてくれた。

 ならばもうクズノハ商会のライドウとして。

 そしてこの世界に降りた三人目の異世界人として。

 なあ。

 二人も勇者がヒューマン側についているんだ。

 一人くらい魔族側の裏方をやっても、問題無いよな虫女神。

************************************************

ご意見ご感想お待ちしています。ある学生の背景(上) ~再会~

 

 彼はロッツガルドに学ぶ学生の一人だ。

 しかしただの学生では無い。

 大国リミアの、誰もが認める大貴族ホープレイズ家の次男。

 その上文武に優れ正義感の強い、正にサラブレッドである。

 長男が経歴に箔を付ける為に魔族との戦いの前線に参加しており、次男である彼は長子に危険が及ぶ可能性がある事から学園でのエリート教育を受ける事になった。

 つまりはいざという時の保険、スペアとして扱われている訳だ。

 だがそんな事は貴族の家では珍しい事では無いし、彼、イルムガンド=ホープレイズもまたその事実を正しく理解して受け入れていた。

 では彼が当主に対して従順な次男であるかと言えば、それは否だ。

 イルムガンドはリミアにおける貴族の腐敗した実態を嫌悪し、憎んでさえいた。

 それでも素直に父親の意向に従うのは、親の前で物分りの良い従順な子を演じているだけに過ぎない。

 ただ雌伏の時を。

 彼は貴族の改革を心に秘めている。

 高貴なる者の責任。

 それこそイルムガンドが抱く理想。

 貴族として生まれたのなら、その血に恥じぬ生き方をし、弱者を庇護し彼らの剣となり盾とならねばならない。

 王に純粋な忠誠を誓い、故に治める土地を与えられる。

 信念を持ち正しい政治を為すから、領地に住まう民も領主たる貴族を慕ってくれる。

 決して生まれながらに選ばれた存在であり偉いのではない。

 リミア貴族では相当に珍しい思想だった。

 彼にその考えを与えた者は二人。<a href="http://www.shoessrestraint.com/新製品-2uztx-4.html" title="ナイキ サンダル">ナイキ サンダル</a>

 一人は幼少の頃交誼のあった家の娘。

 子供心に理想を口にした彼を満面の笑顔で肯定して拍手してくれた彼女。

 何気なく格好をつけた花畑での幼い言葉は、その時からイルムガンドの夢に変わった。

 あの時の拍手の音と彼女の笑顔は、彼にとって女神の祝福よりも荘厳な記憶として鮮明に残っている。

 もう一人は、ごく最近この世界に降臨した女勇者だった。

 ある日突然に王国に降臨した勇者。

 彼女は貴族主義や王政に囚われない自由な発言をした。

 徐々に場を弁えた発言をする

<a href="http://www.shoessrestraint.com" title="http://www.shoessrestraint.com">http://www.shoessrestraint.com</a>


テーマ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 面接中に女子大生に抱きつく

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://maruta.be/cqut74hg/14/tb/1HRD8FLA2PQCM/5233

コメント(0)

このブログについて

ユーザー

カレンダー

«2014/07
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック

マイカテゴリ

タグ

アーカイブ

ブックマークサイト

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

べんりなブログ

無料で作成 べんりなブログ:MARUTA