この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

「ほくろが移動する」説の真相

ないから」

 

ああ、こいつらの服。多分制服。学園の生徒なんだろう。色は何色かあるけどデザインほぼ一緒だしな。

 

ふと思う。異世界から来たの、僕と勇者が最初なのかな。

 

ブレザーに実に良く似ていた。偶然、なのか? 誰かが既に来たことがあって伝えられたって方が説得力あるような。

 

学園の制服なんて全世界共通、とは思えないし。<a href="http://www.watchsinsurance.com/女性の時計-9v0q-5.html" title="アルマーニ 時計">アルマーニ 時計</a>

 

って。

 

(識、お前会話は苦手?)

 

(いいえ。ですが馬鹿の相手は苦手ですな)

 

あ、そう。

 

凄まじく喧嘩を売っているな。もしかしたら僕の同級生になるかもしれない人たちなんだけど。

 

服を誇張しているってことは、ここでは学生って結構偉いのか? どっちかっていうと学生なんて色んな事を勉強してる、社会的な地位で言えば低そうなんだけど。

 

だって、この制服見えないのか僕は高校生だぞ? なんて言ったら僕の常識だと間違いなく変人扱いされる。

 

学園都市、なんて場所だと学生の立場は高くなるのだろうか? 街単位で学問や研究機関としての性質に特化するわけだから技術者とか研究者の地位が高くなるなら納得できるんだけどな。一部がその卵に過ぎない学生なんて一山いくらだと思うよ。

 

「ふざけるなあ!!」

 

何やら手のひらに魔力がうにょうにょ集まっていく。魔術、か?

 

凄くのんびりとした速度で、しかも大声で朗々と放たれる詠唱。幼稚園のお遊戯会じゃあるまいに。

 

[すまない。これは曲芸か?]

 

何かショーでも始めるならこういう詠唱もありだろうけど、今この状況って喧嘩だ。

 

だから、この文字は心底本音で書いたんだけど、しかしどうやら彼らを本気で怒らせたようだ。物凄い勢いで睨まれてしまった。

 

(真様もやりますな)

 

(断じて誤解だ)

 

「な! 速っ!」<a href="http://www.watchsinsult.com" title="時計 ブランド 人気">時計 ブランド 人気</a>

 

識が土に属する、とある詠唱を終える。むしろ普通の速さだろうに。流石は学生、世の中を知らん。そんな様だと戦場で怖いお姉さんに膾斬りにされちゃうぞ?

 

カツン、と。識が持つ黒く輝く杖が地面を打つ。エルドワが間に合わせですが、と申し訳無さそうに識に渡した杖だ。結構な性能らしく識は渡された杖に目を点にして驚いていた。

 

ぎゃあ、とかうわあ、とか。

 

四人、いや五人の個性の無い悲鳴が往来に響く。ツィーゲの暴漢を見習えまったく。

 

学生らしき連中の足元から、識が魔法で生成した石の柱が突き出て彼らを空にご招待したのだ。イジメられていた女性はさながら石の牢獄の中にいるみたいだな。しまった、一言書いておくべきだったかな。いきなり数十メートルの石柱に囲まれるというのは怖い事かもしれない。

 

やー、見事にそびえている。とりあえず、消そう。近所迷惑だから。周りの人も何事かと騒ぎ出しているしね。

 

石柱にそっと触れる。

 

組まれている魔法の構成を把握して逆走。コアになっている部分を見つけて闇で消す。

 

初めから存在しなかったかのように五つの柱が消え去る。押し上げられて柱よりも上に吹っ飛んだ連中はどうするかな。一応魔法使えるみたいだし何とか出来るのか? 僕と違って誰か一人くらいは風も扱えるよね。

 

「お見事、カウンタースペルの完成も間近ですな」

 

だと良いけどね。識には曖昧に笑って返す。知り合いの使う、知っている魔法を打ち消せてもなあ。ソフィアみたいなのもいるから、打ち消し魔法については当初ほどの熱意は無くなりつつあったりして。

 

[君、大丈夫か。読めているなら、理由はわからないが既に手を出してしまったので逃げてくれると有難い]

 

「え、あ」

 

目の前の文字に驚く女性。給仕さんかな、メイド服とは違うけどエプロンやらフリルやらのパーツ

<a href="http://www.watchsinsurance.com/armani-9v0q-6.html" title="http://www.watchsinsurance.com">http://www.watchsinsurance.com</a>


テーマ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「ほくろが移動する」説の真相

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://maruta.be/borjsdr54qw/17/tb/7DPU4M3SB602I/8561

コメント(0)

このブログについて

ユーザー

カレンダー

«2014/10
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック

マイカテゴリ

タグ

アーカイブ

ブックマークサイト

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

べんりなブログ

無料で作成 べんりなブログ:MARUTA