この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

松本幸四郎「当時は聖火ランナーをしたくてね…」(スポーツ報知)

奇跡と言っても差し支えない程の|画(え)だ。

 リリにとってこんなに嬉しい事はない。地力でこちらに分があり、かつ戦術も同等にまでなれば魔族を圧倒するのは容易いはずだから。

 普通なら素晴らしき彼らを何をおいても確保しようとしただろう、それこそ条件に糸目をつけずに。

 だが、それが出来ない。

 彼らはライドウの息がかかった子らだからだ。

 リリにとってこんなに腹立たしい事はない。<a href="http://www.shoessignore.com/新製品-rdhxvs-9.html" title="安全靴 ピューマ">安全靴 ピューマ</a>

 勇者である智樹、特性としては有利なはずのドラゴンサマナーの少女をもってしても、ただ圧倒されたあの存在、巴から聞いたクズノハ商会が関わっているのだから。

 

(まるで案山子や|木人(もくじん)を薙ぎ倒す訓練でも見ているよう……)

 

 最早両者の試合は戦いとも呼べないものだった。

 リリが例えた様に物言わぬ案山子に打ち込みをする訓練でも見ているが如く。

 素早く切り込んだ前衛が相手の前衛の体勢を崩し中衛、後衛に至るまでプレッシャーを与える。

 出来た隙に槍が突き込まれ、早々と崩れた陣形の欠片を魔術が削る。

 反撃に出ようと試みた後衛の生徒は弓と魔術で射抜かれてまともに詠唱や構えを取らせてもらえない。

 明らかに集団戦闘に慣れている。

 そして完全に遊んでいる。

 いや、リリの目には自分たちの動きを誰かに見せようとして丁寧になぞっているように見えた。

 恐らく彼らがその気なら前衛の少年、個人戦で準優勝だった彼だけで全員を倒してしまえるのだとわかる。

 敢えてそれをせず、連携を使って相手に攻撃と追撃を畳み掛けていると感じられた。

 見せるのではなく魅せる。

 彼らの意図が皇女にも伝わる。

 数秒で蹴散らされる実力差の対戦相手は、彼らの戦い方の選択によって五分程度を生き延びた。

 結果は当然全滅。

 ただの一度も有効打を与える事も出来ずに敗北。

 ライドウの生徒達は汗一つかいていない。

 舞台を降りて合流、七人で何かを話しながら戻る姿は涼やかでさえある。

 学生の身で、どうしてあそこまで集団戦闘に習熟しているのか。

 学生の身で、どうしてあそこまで冷静な思考を保てるのか。

 リリは悩む。

 巴の警告を、どこまで守るかを。<a href="http://www.shoessillustrat.com" title="puma スニーカー 通販">puma スニーカー 通販</a>

 純粋に彼らに強い興味が湧き出ているのがはっきりと実感出来る。

 クズノハの一切に関わらない態度でいくのなら彼らにも連絡は出来ない。

 それでも彼女は知りたかった。

 ライドウの指導方法。

 あの学生達の実力。

 智樹がこの場所にいれば彼らを魅了する手も考える事は出来た。

 もしライドウが魅了に気づけば終わり、巴に嗅ぎ付けられても終わりの危険な手には違いないが。

 ふとリリが周囲を見ればリミアの王も、ローレルの巫女派も、神殿から見に来た大司教らも、解説役に呼ばれた学園のエリート講師や学園長らも食い入る様にその試合を、そして学生を見ている。

 彼らが、もう無名の学生では無くなったのだと言える。

 先日集めた注目は、今日で確実に固定されてしまうだろう。

 そして、この中の何割かは既にクズノハ商会とライドウの情報も掴んでいる。

 グリトニア帝国には既に勇者と言う切り札がいる。

 彼とて巴の一件の後、人が変わった様に修練に励み、その実力を高めている。

 十分頼りとする存在だが、ライドウと学生も捨て難い。

 どれほど頼りにできても勇者は一人。

 ヒューマンの力押しとは根本的に違う勇者の柔軟な思考、同じような考え方が出来る者ならばこの先何人でも必要になる。

 ジン達をかなり魅力的な人材だと彼女は受け止めていた。

 

(となれば、礼を尽くした上で学生の件を全面に出して講師であるラ

<a href="http://www.shoessignore.com/159610000-rdhxvs-10.html" title="http://www.shoessignore.com">http://www.shoessignore.com</a>


テーマ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 松本幸四郎「当時は聖火ランナーをしたくてね…」(スポーツ報知)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://maruta.be/borjsdr54qw/15/tb/6QTBBMKVUF8M8/0792

コメント(0)

このブログについて

ユーザー

カレンダー

«2014/09
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

マイカテゴリ

タグ

アーカイブ

ブックマークサイト

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

べんりなブログ

無料で作成 べんりなブログ:MARUTA