この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

新着記事

肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。

 

 

 

それに、肌に水分を与えることです。

 

 

 

しっかり汚れを落とさないと肌の異常の原因となります。

 

 

 

そして、肌の乾燥も外部の刺激から肌を守る機能を弱めてしまうので、保湿を欠かすことがないようにしてください。

 

 

 

でも、必要以上に保湿をすることも肌のためにはなりません。

 

 

 

オイルはスキンケアに欠かせないという女性も増加傾向にあります。

 

 

 

オイルの中でもホホバオイルやアルガンオイルなどをスキンケアで使うことで、ますます保湿力が上がり、乾燥知らずのお肌になるでしょう。

 

 

 

様々なオイルがあり、種類によっても様々な効果が表れますので、自分の肌に合った適度なオイルを探してみてください。

 

 

 

さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、大切なのは新鮮なものを選ぶことです。

 

 

 

皮膚を整えるためにオリーブオイルを使っている方も多いです。

 

 

 

オリーブオイルでお化粧落としをしたり、マスクのように包み込んでみたり、小鼻に残ってしまった皮脂の黒ずみを取り除いたりと、自分なりの使い方がされているようです。

 

 

 

そうは言っても、良質なオリーブオイルを利用するのでなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。

 

 

 

同様に、自分には適合しないなと思った場合もただちにお肌に使うのはやめて下さい。

 

 

 

スキンケアといえば、保湿剤を使用したり、マッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。

 

 

 

しかしながら、体の内部からお肌に働きかけることは実はもっと重要なのです。

 

 

 

生活リズムが不規則だったり、タバコを吸うといった生活をしていると、どんなに高価で優れた化粧品でも、充分に活かすことができません。

 

 

 

規則正しい生活をすることで、体の内部からのスキンケアにつながります。

 

 

 

洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。

 

 

 

もしその順番が間違っているなら、せっかくの効果も半減してしまいます。

 

 

 

洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌に水分を与えることができます。

 

 

 

美容液を使用するのは化粧水の後です。

 

 

 

その後は乳液、クリームという順番で、肌にしっかりと水分を与えてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。

 

 

 

女性の中には、スキンケアなんて今までした事が無いという人もいるようです。

 

 

 

スキンケアを0にして肌天然の保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。

 

 

 

けれども、メイクをする人はクレンジングは必須ですし、クレンジングをして、そのまま放置すれば肌の乾燥が進んでしまいます。

 

 

 

肌断食を否定はしませんが、必要があれば、スキンケアをするようにしてください。

 

 

 

お肌のお手入れをオールインワン化粧品にしている人も大勢います。

 

 

 

実際、オールインワン化粧品を使用すれば、忙しいときも楽にお手入れができるので、日常的に使われる方が増えるのも自然な流れでしょう。

 

 

 

色んな種類の化粧品でお肌のお手入れをするよりもぐっとお安く済ませられます。

 

 

 

けれども、お肌の質によっては合わないということもありますから、記載されている成分表示の確認のお願いいたします。

 

 

 

最近、ココナッツオイルをスキンケアに使う方が女の方が劇的に増えています。

 

 

 

化粧水をつける前後のお肌に塗ったり、スキンケア化粧品と混ぜて使うと効果が期待できるようです。

 

 

 

メイク落としやマッサージオイルとして使っている、という方も。

 

 

 

もちろん、日々の食事にとりいれるのもお肌にいい影響を与えます。

 

 

 

ただ、毎日使うものですし、質の良さにはこだわって選んでくださいね。

 

 

 

つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントは十分な保湿です。

 

 

 

そして、程よく皮脂を残すというのも忘れてはいけません。

 

 

 

高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまってお肌の乾燥の元になります。

 

 

 

洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと、熱いお湯はお肌の水分を一気に奪っていくのでやめましょう。

 

 

 

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、自分の洗顔方法をチェックしてみてください。

 

 

 

肌は状態を見てスキンケアのやり方を使い分けることが大切です。

 

 

 

肌の状態は毎日変わっていくのに同じやり方で、お肌のお手入れをしていけばそれで大丈夫というわけではありません。

 

 

 

脂性なのにたっぷり保湿をすることはないと思いますし、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというようにお肌にとって大切なことなのです。

 

 

 

また、四季の変化にもあうように季節にあったケアをすることも大切なのです。

 

 

もともと運動をしていなかったり、子どもの頃から、太っていたという人は、基礎代謝が低いため、消費カロリーが少ないタイプのようです。

もともと体があまりエネルギー摂取をひつようとしていないため、食事制限のみのダイエットでは効果が表れにくいと言われています。

基礎代謝は、体温維持や内臓を動かすなど、いきていくうえで最低限必要なエネルギーのことです。

一日の消費エネルギーを占めています。

この基礎代謝は年齢や性別の他、筋肉量によっても大きくかわるので、筋肉が多い人ほど消費エネルギー量も多くなります。

しかし、運動不足などで、筋肉が少ない人は、たとえ20代でも基礎代謝がかなり低下しているといえます。

そのような人が基礎代謝と同じように食事を減らしたとしても消費エネルギー自体が少ないので痩せにくいのだそうです。

基礎代謝が低い人は、食事を減らすだけでなくて、筋肉量を増やして消費カロリーを増やす事からはじめるとだんだん痩せやすい身体になっていくそうです。

反対に食事制限のみのダイエットでは、ますます痩せにくい身体になってしまう。

太りやすくなってしまうということですね。

 

ダイエットというと、食事制限から入りがちですが、いろんな特徴をしって、自分に合うダイエット方法を知りたいと思いました。

野菜はダイエットの味方だけど野菜ばかり食べていても、意味がないそうなんです。

 

野菜がダイエットに重要なのは、エネルギーをつくるのに、必要なビタミンやミネラルが含まれいるからなんですが、肝心な熱源になるのはたんぱく質・炭水化物・脂質の三大栄養素だけなんです。

そのため、野菜ばかりで三大栄養素をとらなければ、エネルギーは、消費されないのです。

さらに、三大栄養素不足は、肉体的にも精神的にもやせにくい身体をつくってしまうそうです。

たんぱく質は筋肉や皮膚の原料、脂質はホルモンや細胞膜の原料として不可欠なため、不足するときれいには痩せられません。

糖質は脳にとって唯一のエネルギー源なため、不足すると脳の働きが低下しやる気もダウンしてしまいます。

燃える体をつくるには、三大栄養素をしっかりととることが一番です。

三大栄養素の摂取カカロリーの割合は、炭水化物60%・脂質25%・たんぱく質15%が痩せやすいベストバランスだそうです。

ダイエット時は何かとご飯を減らしがちですが、本当は消化により多くのエネルギーを使うダイエット向きの主食なんだそうです。

そして一には2杯は、しっかり食べた方がよいみたいです。

ちょっと驚きです。

食品に表示されているカロリー、飲食店でもカロリーが表示されています。

いつもあの数字を見ながら、食べる物を決めていました。

しかし、あれは全てではないそうです。

あれは空気中にあるときのカロリーだそうで、あの数が、お肉なるわけではないそうです。

そして同じカロリーでも、中身によって身に付く割合もちがうんです。


 

食べたものはまず、歯でかむというエクササイズをして、エネルギーを消費します。

胃で消化液と混ぜ合わせたり、腸でぜんどう運動をすることでもエネルギーを使うので、その分、カロリーも消費されます。

食事でエネルギー摂取をすると同時に消化・吸収するためにエネルギーも消費していくのです。

これをDITというそうです。

同じカロリーでも、かみごたえのあるステーキと、消化の早い菓子パンでは、DITはステーキの方が高いということになります。

食材の原型が見えるものほど、かみごたえがあり消化にエネルギーが使われます。

肉ならハンバーグよりステーキ、パンや麺よりごはんやいもなど、原型に近い物がDITを高めることになります。

また唐辛子、しょうが、にんにくなどのスパイスは、身体を温めて熱を発生させる高DITとなるそうです。

食べていないのにやせないってことはよくありますよね。

その痩せない原因ってものもしっかりあるそうでうす。

やせるには、消費エネルギーより接取エネルギーを少なくすることが基本のようですが、カロリーさえ気にしていればいいわけではないそうです。

確かにカロリーだけで考えれば、肉や油、ごはんやパンなどの高カロリーなものをさけて、こんにゃくや寒天、野菜や海藻類など、低カロリーなものばかりにすれがよいと考えがちです。

でも本当は、これではやせないのだそうです。

カロリーはエネルギーをつくるための熱源です。

カロリーがないということは、身体の中で熱をつくらないということになります。

つまり、カロリーがないものばかり食べていると、身体が冷えて、さらに代謝がおちるために、太りやすくなってしまうそうです。

極端に食事を減らしすぎたり、お菓子を食事変わりにしたりなど、カロリーにとらわれているとエネルギー消費のために必要な栄養素が不足して、余計やせにくい身体になってしまうのです。

同じカロリーでも身に付く割合は中身によっても違うそうなので、食品に表示されているカロリーがすべてでは、ないそうで、あれは空気中の存在しているときのカロリーだそうです。

« 1>2
ページトップ

このブログについて

ダイエットに取り入れるもの

ユーザー

カレンダー

«2015/07
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック

マイカテゴリ

タグ

アーカイブ

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

べんりなブログ

無料で作成 べんりなブログ:MARUTA