この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

坐骨神経痛の症状と治療法

ぎっくり腰やヘルニアが原因の坐骨神経痛にはAKA治療が効果的

坐骨神経痛でお悩みの方はこちらも参考にしてみてください。

 

坐骨神経痛は腰椎や骨盤のズレによって、坐骨神経が圧迫されて起こるものといわれています。坐骨神経痛は原因となるものを考えて、きちんと対処することが大切なのです。骨盤のズレが原因なら、矯正してズレを治す必要があります。坐骨神経痛は、ふとした時に起こる場合もあります。横向きで寝たときなど、上側になっている脚の部分に力が加わることによって、血液の流れが悪くなり神経細胞の一部に損傷が起きて、坐骨神経痛の症状があらわれる場合があります。始めから横向きで寝る場合には脚の間に枕やバスタオルなどをはさんで、血の巡りが悪くならないように気をつけましょう。

ぎっくり腰やヘルニアから腰椎がズレて、坐骨神経痛になる場合もあります。まずはレントゲンを撮って調べてみることが大切ですが、小さなズレの場合には、レントゲン検査をしてもわからないこともあるそうです。おかしいな、痛みが続くなという時には針灸をしたり、整骨院に相談してみるのもいいでしょう。激しく体を動かす仕事をしていたり、座りっぱなしの人なども注意が必要です。ぎっくり腰から坐骨神経痛になるケースはわりと多いのですが、筋力を鍛えてもぎっくり腰になってしまうこともあります。いきなり重い物を持ったり、無理な姿勢をしたり、腰に負担をかけるようなことはなるべく避けて、原因を作らないようにしましょう。

坐骨神経痛の対処法には、色々なものがありますが、テレビでも紹介されたことのある対処法、「AKA治療」を受けてみてはいかがでしょうか。AKA治療とは、関節運動学的アプローチを略した言葉ですが、関節を元の動きに戻して、関節異常から起こる腰痛や膝痛などを根本から治すという、手技療法のことです。AKA治療は関節の各部位を調べ、運動法則を確立し無理なく、体に負担をかけないように優しく、そして最も効果的な方法によって治療をしていくという方法なのです。レーザーによる光線治療も併せて行うところも増えてきていて、さらに効果がアップしているようです。
URLhome

坐骨神経痛の症状をストレッチや体操で軽減

冷房が効きすぎて坐骨神経痛になってしまったという人もいます。会社の中やスーパーなどで長時間冷房にあたることにより、足腰が冷えすぎてしまう人も少なくないようです。足が頻繁につってしまったり尾てい骨にするどい痛みを感じ、歩くことも辛いほど痛むこともあるようです。坐骨神経痛に悩む人の中には、定期的に整骨院に通い、患部を温めるための電気治療を行っている人もいます。冷えると症状が悪化する場合もありますので、腰のまわりなどは冷やさないように心がけましょう。女性の場合はスパッツやストッキングなどを履くようにすることも大切です。

坐骨神経痛は冷やしてしまうと、痛みやだるさが強くなるといわれていて、下半身、特に腰まわりを温めると痛みが和らぎやすくなります。日頃から冷やさない努力をするのも大切ですが、坐骨神経痛になり電気をあてて温めるという対処法をとっている人もいます。坐骨神経痛の対処法として、自宅で簡単に出来る腰痛体操をしたり、ビタミン剤を飲んでいるという人もいます。基本となる対処法としては、とにかく腰まわりを冷やさないということです。その場では気がつかなくても、知らないうちに冷やしすぎてしまう冷房は、特に注意が必要です。

坐骨神経痛に悩む人の中には、寝ていても痛いので何度も体位を変えなくてはならなくて、睡眠不足になってしまったという人も多くいるようです。坐骨神経痛は色々なことが原因となり発症しますが、痛み方や対処法もさまざまです。効果には違いが出る場合もありますが、腰椎の一番下の部分がつぶれていると診断された場合、針灸で坐骨神経痛が改善される可能性があります。整形外科でレントゲンを撮ってもらったら、針灸に行って相談してみるのもいいでしょう。また普段からウォーキングをしたりして、体液循環を促してあげるのも効果的です。さまざまな病気を予防するためにも日頃から適度な運動をするように心がけましょう。
URLhome

坐骨神経痛の治療法はツボ指圧やマッサージ、漢方薬など

坐骨神経痛は、電気が走るようにピリピリとした痛みがあったり、同じ姿勢でいると関節が痛んだり、腰を曲げると痛む、立ち上がる時にズキンと痛みが走るなど痛む場所も辛い症状にも色々な違いがあります。坐骨神経痛の治療法として、マッサージを受けたり、漢方薬や内服薬を飲んだり、針灸をしたり、カイロプラクティックをしたり、運動をしたりする人もいます。ただし坐骨神経痛だけに対処をするのではなく、まずは原因となる病気の治療を行うことが重要です。

ぎっくり腰から坐骨神経痛になってしまう場合もあります。ぎっくり腰は一度なってしまうと何度も起こすことがあり、癖になりやすいといわれていますから注意が必要ですが、悪化させて坐骨神経痛にならないように気をつけなければなりません。⑩顎のズレから坐骨神経痛になってしまうこともあります。虫歯を治療せずに放置し、同じ場所でしか噛まないことで顎がズレたり原因はさまざまですが、ズレてしまうと頭の重さの3倍にもなる強い力が頚椎、脊椎、坐骨神経を圧迫してしまうのです。

さまざまな事が原因となり、発症してしまう坐骨神経痛ですが、対処法として適度な運動をしたり、長時間座ったままの状態でいないということも大切です。痛みがひどい時には痛みを強くさせてしまうので、運動は避けたほうがいいでしょう。痛みが軽いときには、患部を軽く押すと楽になる場合もあるようですが、痛みやだるさがある時には、ゴルフボールなどを使ってツボを指圧してあげると楽になるという人もいるようです。お尻のくぼみや患部のまわりを押すと比較的楽になるようです。体を背伸びするように伸ばしてみたり、冷房を避けたり、夏場でも必ず靴下を履いたりするのもいいでしょう。

URLhome
« 1 »