この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

ヴィレヴァン腐女子向け店舗に期待

第では、彼は第三の選択を手にするかもしれない。巴が気にしてる帰る、帰らないの間の選択をね」

 

「帰る、帰らない以外に何があると言う?」<a href="http://www.wwaae.com/monclerモンクレール-juu6w-4.html" title="激安 ジャケット">激安 ジャケット</a>

 

「行き来する、だよ。自在に世界を転移する、言わば超人とでも言う存在だね。今の真君はもう、創造だって可能な魔力を持っているんだ。それをどんな”切っ掛け”が覚醒させるのか。僕は楽しみにしているよ。ただ、成長は急がせすぎない方がいい。お前がどんな方法を促したのかは知らないけど、あの魔力の増大は明らかに異常だ。僕から見てもね。あんなペースで無理をさせたら彼は壊れかねない。そうなったら、僕もそれなりの事をさせてもらうよ? 魔力の総量を増やす|術(すべ)なんてヒューマンは狂喜乱舞する情報だけど、そんなつまらない事で彼を実験台に使うのは許せないからね。じゃあ、近い内にまた」

 

「……切っ掛け、か。それで若がただ戻ってしまうだけの未来を回避出来るかもしれぬのなら、儂は……」

 

 すっかり真と共にある時間に依存している事に巴は気付く。厳密には彼に、と言うのではない。真と、澪と識と、そして亜空世界、その住人たち。彼と契約してから巴が身を置いている、この心地よい時間への依存だ。

 

 何をしていても楽しい。一つの事に夢中になれる。どれもルトの言う通りで、一日一日の密度がまるで違う。巴は、この今が、たかが百年で終ってしまう祭りだとは思いたくなかった。いや祭りならまだ良い。待てばまたいつか始まってくれる。だが、真と共に過ごす時間は二度と戻らない一度限りのもの。

 

 楽しければ楽しい程、不意に失う事への恐れが内から溢れそうになる。決して表には出さないが、それは巴の不安だった。その一度限りの至福の時を、真との間に子を生せば長らえる事が出来るのか。ルトはそれを願っているようだったが、巴にはそれは己の望みとは少し違うように感じられた。ルトにはルトの考えがあり、そこに拠った言葉なのだろうと彼女は深くは考えない事にした。

 

 実際、真が帰りたいと心から望み、助力を乞えば巴は支配の契約によらずとも、それを叶えようとしてしまうだろう。彼の力になりたいと言う気持ちもまた本当の想いだから。

 

 今、上位竜のルトから新たな選択肢を示された。それは真が真のまま、彼の望みを叶えながら巴の願いも叶う方法。

 

 切っ掛け。

 

 その一言が帰路を歩く巴の心で何度も響く。

 

「……巴さん」

 

 夜更けの通り。道を行く住人の姿など一人も見えない通りで、巴は自身に向けられた声に反応して立ち止まる。

 

「!?」

 

「あの変態を送ってきたんですの?」

 

「……ああ、そうじゃ。澪、なんじゃその格好は。毛布なんぞにくるまったまま。まさかその格好でここまで歩いてきたのか?」

 

「ええ、悪いですか?」<a href="http://www.wwaae.com/ジャケット-juu6w-3.html" title="モンクレール sacai">モンクレール sacai</a>

 

「夜とは言え感心せんな。儂らはこの街に長居せんから構わんが、若に変な噂が立つぞ?」

 

「……見た者には速やかに忘れてもらえば良いですわ」

 

 少しの間、巴が口にした真の迷惑になる、との言葉を思案していた澪だが、結局くるまったままでいる事にして目撃者をどうにかする方向にしたらしかった。沈んだ顔の巴に少し笑みが戻る。

 

「困った奴じゃの、ふふ」

 

「それはお互い様ですわ」

 

「ん?」

 

「巴さん、例え貴女でも、もし血迷って若様に何かするようなら私は……」

 

 二つの足音の一つが止んだ。巴のやや後方を続いてきていた澪の足が止まったのだ。

 

「そんな事は有り得んよ。だがもし、儂が血迷うたら、その時は引っぱたいて正気に戻してくれ。手荒くても構わん」

 

「遠慮なくやらせてもらいます」

 

「ああ。なあ

<a href="http://www.wwaae.com" title="http://www.wwaae.com">http://www.wwaae.com</a>


テーマ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ヴィレヴァン腐女子向け店舗に期待

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://maruta.be/ERFDF/17/tb/8BCEUGL6KNHAU/2019

コメント(0)

このブログについて

ユーザー

カレンダー

«2014/04
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

マイカテゴリ

タグ

アーカイブ

ブックマークサイト

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

べんりなブログ

無料で作成 べんりなブログ:MARUTA