この広告は1週間以上記事の投稿がないブログに表示されます

半沢直樹効果で伊勢志摩ホテルのお客さんは増える

ませ。

********************************************

勘違い

 

識と合流して数日。僕は行列から解放された彼を伴って学園都市の通りを歩いていた。

 

ツィーゲには無い洗練された都会の匂いがする街。僕は石を建築の基調にした街並みを楽しんでいる。

 

流石は学園都市、様々な土地から人が集まるからか並ぶ品物も、道行く人の服装も個性が強い。ツィーゲが数個は入ってしまいそうな広さもあって、飽きることも無く散策に興じることができた。

 

今もその最中だ。<a href="http://www.bagsradiation.com/メンズ財布-0sbiz-9.html" title="tumi 鞄">tumi 鞄</a>

 

ふと足を止める。

 

「どうか、されましたかライドウ様」

 

「何でも無い、って言いたい所だけど。あれ」

 

目で示す先には何やら四、五人に絡まれている女性の姿。弱者にいちゃもんつけている様子自体はこの学園都市でも珍しいものではない。

 

ただ、その弱者がヒューマンであるというのは珍しい。絶野のベースみたいな特殊な環境ではともかく、ツィーゲ以降は見ていない。

 

亜人だと結構普通な光景だけどね。道中でもここでも、女神の教えが強く根付く場所ほど亜人は立場が低い。あの虫が言うには、亜人はヒューマンが出来るまでの失敗作であり神の慈悲により世界に存在しているのだから、完成形であるヒューマンへの奉仕者として尽くすべきなんだそうだ。本気か、あの虫は。よもや教えそのものが既に狂っていようとは。

 

「ああ、恐喝か何かですか」

 

「どうだろう、あれはただのイジメじゃないか」

 

「イジメですか。ええ、そうも見えますね」

 

識はあまり関心がなさそうだ。ま、異世界から来た僕が気にしすぎなんだろうな。

 

そういえば、異世界から来た、女神に会ったって話を識にした時はそりゃあもう大騒ぎしていた。語彙が信じられない、凄い、ありえない以外無くなってしまったんじゃないかと疑うくらい繰り返し、所狭しと歩き回っていたな。

 

巴を介して僕の記憶を垣間見た時も、子供みたいなキラキラした目をしていたし。

 

幸い、現状で映像作品にはハマってないようだ。妙な趣味を持たれても困るけど、異文化に触れて感じる所があるのは考えてみれば当たり前の事だし、何らかの影響は出るかもしれない。そこは既に覚悟はしている。識がどう新生しても受け入れるさ。……BLにでも目覚めない限りは。

 

「ヒューマン同士のイジメってあまり見慣れなくてね。ちょっと見てくるよ」

 

「ライドウ様?」<a href="http://www.watchsinsurance.com" title="tumi レザー">tumi レザー</a>

 

イジメられているのが女性だからじゃない。ただあの目。

 

冷めているでも、諦めているのでも、歪んでいるのでもない。あれは何なんだろうな。ちょっと気になった。

 

「おい、何とか言えよ!」

 

識に目配せする。話してくれる人が別にいるのは僕にとっては心強いことだ。

 

「あー、そのくらいにしなさい?」

 

いやいや、どうして疑問形なんだよ。識、そこは格好良く言い切りなよ。

 

「……なんだ、お前ら」

 

「おいおい、この服見えないの? お前ら馬鹿なの?」

 

馬鹿が何か言った。服? ああ、全員同じ服着てるな。というか、ここに着いてからちょくちょく見る服だな。

 

予想は着くね。

 

(殺していいですか真様)

 

(ちょ!?)

 

(馬鹿? この私に馬鹿? それとも……真様に? ああ、死刑ですね。わかりました)

 

(わかるな! そこはお前、ちょこっと痛い目を見てもらって捨て台詞吐いてもらえればいいよ! いきなり殺さない! わかった!?)

 

(あおう。りょ、了解です)

 

あおう、って識。……巴はまあ良いとして、澪大丈夫かな? そこら中で殺さないと良いんだけど。巴が一緒なんだから無茶はしないと信じている。信じてるぞ!

 

「君たち、とにかく失せろ。殺さ

<a href="http://www.bagsradiation.com/財布-0sbiz-10.html" title="http://www.bagsradiation.com">http://www.bagsradiation.com</a>


テーマ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 半沢直樹効果で伊勢志摩ホテルのお客さんは増える

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://maruta.be/ERFDF/16/tb/18U720NB5NCIM/0932

コメント(0)

このブログについて

ユーザー

カレンダー

«2014/04
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

マイカテゴリ

タグ

アーカイブ

ブックマークサイト

フィード

rss1.0
rss2.0
atom

べんりなブログ

無料で作成 べんりなブログ:MARUTA